プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★2 富士フイルム:FUJIFILM“X-T2”新製品体験イベントを全国で開催!

FUJIFILM“X-T2”新製品体験イベントを全国で開催!

全国主要7都市で。入場無料。ご来場ください。 

すっきりまとめようとしたのだろうか、でもひどいね。””じゃなくて、製品名は「」でくくらないと。本文はそうしているのに、なぜだ? で、まだ1行目はいいとして、2行目はなに? 「全国主要7都市で。入場無料。ご来場ください。」これは外国語の直訳? 普通の日本語で書こうよ。で、ご来場ください、って見出しに入れる言葉じゃない。富士フイルムともあろうものが、日本語のわからない新人に書かせたな。6月に配属されていきなりか? 全国イベントのリリースなら、もっとベテランが書くべき。というか、チェックしようよ。

富士フイルム「Xシリーズ」のフラグシップ機である 「FUJIFILM X-T2」を、いち早くご体験いただけるイベントを全国7都市にて開催いたします。

「Xシリーズ」をけん引し、数多くのプロ・アマの方からご好評いただいた「FUJIFILM X-T1」から、全てにおいて進化した至極の「FUJIFILM X-T2」を是非ご堪能ください。 

改行しているのに段落を変えず。常識なし。「富士フイルム「Xシリーズ」のフラグシップ機である」でもいいんだけど、文脈や冒頭ということを考えると「富士フイルムは、「Xシリーズ」のフラグシップ機である 」のように、「は、」を入れて主語にしないとすっきりしない。2行目はクサいが、OK

●今回のイベントラインアップ

1、タッチ&トライコーナー:当社スタッフの丁寧なサポートのもと新製品「FUJIFILM X-T2」をはじめ、「フジノンXマウントレンズ」を実際に手にとってお試しいただけます。
進化したセンサー&プロセッサーおよびAF性能、新しい3方向チルト式液晶モニター等の操作性をお試しください。 

謎改行は頭が悪いが、それ以外はOK

2、人気写真家によるスペシャルトークショー:人気写真家たちが、実際に「FUJIFILM X-T2」を使用した際のインプレッション、「フジノンXマウントレンズ」や富士フイルムの色などについて、本音も交えながら語ってもらいます。ここでしか聞けないスペシャルトークショーをお楽しみください。 

悪くない。

3、クイックメンテナンス:お客さまにご愛用いただいている当社「Xシリーズ」デジタルカメラ・レンズなどの外観クリーニング、簡易動作チェック、ファームウエアアップデートを当社専門スタッフが行います。 

OK

 

あれ?だめなのタイトルだけ? タイトルだけ新人にまかせるってことはないよなぁ。

 

恐ろしい考えだが、部下が作ったリリースを上司がタイトルだけ手を入れた、という可能性はない? それなら絶望的だが。どうも同じ人が書いたと思えないんだよなー

 

タイトルは星1つ。本文は星4つ。でもタイトルの方が重要なので、星2にしておこうか。タイトルを書いた人は担当を交換した方がいい。日本人であるなら、読書量が絶対的に不足している。

 

本日のプレスリリース ★☆☆☆

www.atpress.ne.jp