プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★2 株式会社ジャパン:高級クリーニング宅配サービス テラマエ  独自技術“しみぬき”無料体験モニターを10名限定募集

高級クリーニング宅配サービス テラマエ  独自技術“しみぬき”無料体験モニターを10名限定募集 ~ 新品にそでを通した時の感動をもう一度! ~

テラマエはサービス名かな。なら、「」でくくったほうがわかりやすかった。スペースで列挙するのは読みにくい。これ、他の体裁のリリースをコピーしたね?ちゃんと改行しないと。しみぬきは、独自技術じゃない。独自技術を盛り込んだ染み抜きなのか? それならそれでそう書かないと。染み抜きと新品に袖を通すのとは関係ない。ちょっとレベルが低い。

株式会社ジャパン(本社:福井県福井市代表取締役社長:寺前 陽一郎)は、高級クリーニング宅配サービスサイト「コンシェルジュ・テラマエ」にて、10名限定の「しみぬき無料体験モニター」を2016年6月16日(木)より募集します。

10名限定、ここで書かなくていいよ。しょぼすぎるので、最後の方にさらっと書こう。100人でもしょぼい。プレスリリースを打つのに、この人数でどう記事にしろと。

■しみぬき無料体験モニター募集

当社のしみぬき技術は、越前の地で培われた着物の特殊しみぬき技術を活かし、独自開発したしみぬき技術です。卓越した技術は、多くのお客様から高い評価をいただいてます。
そこで「しみぬきを断られた」「しみが落ちなかったのに料金だけ取られた」といったお客様に当社のしみぬき技術を、体験していただくために、春物から夏物に切り替えのこの時期に「しみぬき無料体験モニター」の募集を開始いたします。

謎改行はNG。あ、染み抜きの腕がいいのね。それは凄い。はっきり言って、タイトルでもリードでもまったく伝わってない。リリースの書き方がダメダメ。募集を開始~じゃなく、募集いたします、でいい。

■「コンシェルジュ・テラマエ」特長

<大切な服を安心して託せる品質をご提供>
日本で初めて“汗ぬきクリーニング”を研究・開発した当社は、これまで、アパレルブランドやデザイナー、服飾関係の企業をお客様として、サービスを提供してきました。その品質に好評を受け、個人のお客様からもご注文をいただくようになりました。

「新品にそでを通した時の感動をもう一度!」大切な服を安心して託せるクリーニング店でありたいという想いで、一客オーダーメイドクリーニング「コンシェルジュ・テラマエ」の最高の技術を全国の多くのお客様にご利用いただきたく、“お客様目線”でサイトをリニューアルしました。

ダンボールのパッキングにもこだわり、工場での仕上がりをそのままお届けします。また、往復の送料は無料です。 

テラマエ「の」特徴、と助詞を入れよう。日本初なのか、それはすごい。タイトルやリードに入れても言いレベルの情報だよね。その品質、とかあやふやにせず、落ちないとあきらめていた汚れを落としてきた実績、とか具体的に書く。企業にサービスを提供してきたのに、個人の客から注文が来るようになった経緯が不明。ストーリーが適当すぎる。

 

いやー、感触とかとは別の話でしょ、しみは。袖を通すうんぬんのフレーズ気に入ってるみたいだけど、その都度違和感がある。お客様目線を括弧でくくるのは気持ちが悪い。パッキングのこだわりはきちんと書こう。

<一客オーダーメイドクリーニング>

通常のクリーニングチェーン店が1時間に平均20~30点を対応するのに対し、「コンシェルジュ・テラマエ」では、4・5点のみ、熟練の職人が「匠スタジオ」で対応します。また、他店では断られてしまうようなしみぬきなども、電話オペレーターが個別でご相談を承ります。
また、仕上がりに自信があるからこそ、6ヶ月間の品質保証を付けています。

「コンシェルジュ・テラマエ」では、“お客様のご要望に決してNOと言わない!”をモットーに最高の技術とサービスを提供します。 

店で数値を書くのは無理だよ。職人一人、ってこと? ちゃんとレイヤーをはっきりさせないとだめ。4・5だけ中黒の意味も不明。4~5点、とすればいい。ここ、こういう書き方じゃなく、5倍から6倍の時間をかけて、としたほうがいい。5点でも12分でできちゃうのかよ、と思う人もいるので。

■お預かりから仕上げまでの特長

<一人のお客様の洋服だけで洗う「一客洗い」>
“大切な一着を安心して預けたい”というお客様のご要望にお応えするため、従来のクリーニングとは異なり、お一人のお客様の洋服だけで洗う「一客洗い」を基本としています。

<こだわりの専用加工剤>
素材に応じた独自の専用加工剤を使用することで、新品時の風合いを復元することができます。ウールはしなやかな、綿麻はハリのある感触がよみがえります。

<独自のしみぬき技術>
越前に伝わる着物の特殊しみぬき技術を学んだ、専任の担当者がスタンバイしています。その卓越した技術は多くのお客様から高い評価をいただいています。

<静止乾燥>
高級衣類が持つ素材感を損なわせることがないように、すべて静止乾燥を行います。
そのため生地を傷めたり、伸縮や風合い劣化、付属品の破損・欠落はありません。

<職人の技で手仕上げ>
アイロンがけは、成形技術を熟知し熟練の技を持つ選ばれた職人だけに許された仕事。素材と繊維の状態を見極め、機械では実現できない細やかな手仕事で仕上げます。

<熟練の職人だけがスタンバイする「専用の工房」>
専用工房「匠スタジオ」にて、熟練の技術者が、お預り時に作成されたカルテに基づき、一点一点ケアをします 

高級クリーニング宅配サービス テラマエ 独自技術“しみぬき”無料体験モニターを10名限定募集~ 新品にそでを通した時の感動をもう一度! ~|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

「一客洗い」をもう一度言うのは意味不明。加工剤はこの程度の内容ならどこかにまとめたほうがいい。しみぬき技術の段落は、何も内容がない。乾燥、仕上げはいい内容。工房も内容がない。

専用工房「匠スタジオ」にて、熟練の技術者が、お預り時に作成されたカルテに基づき、一点一点ケアをします。 

 専用スタジオの話は出てきてるし、1点ケアも出てるので、意味がなさ過ぎる。絶対に、凄いことなのに、適当に書きすぎて意味が無い。

 

どのくらいの広さなのか、どこにあるのか。どんな機械があるのか。どのくらいの職人がいるのか。いつからあるのか、とか少しでいいから知りたい。

 

サービスは素晴らしいはずなのに、リリースの内容が空っぽすぎて、何の効果もない。反響もおそらくほとんど無いでしょう。俺が書いたら、殺到させる自信のある、もったいない案件でした。

 

本日のプレスリリース ★☆☆☆

www.atpress.ne.jp