プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 ウスイホーム株式会社:地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー 「エヴォルツ(evoltz)」体験イベント

地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー 「エヴォルツ(evoltz)」体験イベント

5/28(土)29(日)横須賀市長沢モデルハウスにて開催 

すっきりした説明、2行にまとている。どちらも体言止めというのは気になるけど問題はなし。ただ、日付のスラッシュが全角なのは変。これだけで素人というのがわかる。さてさて、どうなるか。2週間以上先のイベントのリリースにお金かけるのだから、本気で来てほしいわけだよね。

ウスイホーム株式会社(本社:神奈川県横須賀市代表取締役会長:臼井伸二)では、5/28(土)29(日)の2日間、地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー「エヴォルツ(evoltz)」の体験イベントを横須賀市長沢のモデルハウスにて開催します。 

うん、すっきり。

地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー「エヴォルツ制振ダンパー「エヴォルツ(evoltz)」はモータースポーツの技術を用いて開発された制振装置で、地震によりごく僅かな変形が生じた瞬間から、建物の揺れが増幅することを防ぎ、建物の損傷を軽減します。

また使用温度領域は80度からマイナス20度までと広領域で、繰り返しの作動でも性能低下がなく何度でも吸収するため、建物の耐久低下を軽減します。

このダンパーを装着した日光「季の遊」ホテル(昭和6年築、木造3階建て124坪)では東日本大震災(震度6)でも全く無傷と、実際の大震災でも実力が証明されました。

もう、一番嫌いな意味不明改行が入っているのがイヤ。下の段落はきちんと改行なら空白入れているのに、上部のそれは何? 意味が分からん。本を読まない人は、イライラしないのかな。

 

「また」の後ろには点を入れよう。「高領域」なんて頭の悪い言い回しは不要。「広く、」でいい。

 

繰り返しの作動でも性能低下がなく何度でも吸収するため、建物の耐久低下を軽減します。」この文章もひどい。「衝撃を吸収しても性能が低下しないので、地震が何度来ても建物への損傷を軽減し続けます」と普通の日本語で書いたほうがいい。

 

最後の段落は根性あるな。それとも証明できないから問題ないのかな? 文体から見るに、本気でそう思っていそう。俺なら訴訟が怖い文面だなー。

 

レベルの高いリリース。ただ、物書きのプロが書いていないので、変なところも散見される。残念ながら星4つ。

 

本日のプレスリリース ★☆

www.atpress.ne.jp