プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★2 株式会社エー・ピーカンパニー、フォン・ジャパン株式会社 :エー・ピーカンパニーと世界最大の Wi-Fiコミュニティー「FON」が業務提携

エー・ピーカンパニーと世界最大の Wi-Fiコミュニティー「FON」が業務提携

Wi-Fiを活用したお客様サービスの共同開発と 訪日観光客向け(インバウンド)集客施策を実施 

メインタイトルとサブタイトル。いいね。エーピーに修飾語がないのがバランス悪いけど、入れないのが正解。インバウンドをカッコに入れて出してないのも奥ゆかしくていい感じ。これは期待できそう。

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表取締役社長 米山 久、以下「APカンパニー」)は、世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」の日本法人であるフォン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役CEO 金田 宏、以下「FON」)と平成28年4月12日に業務提携し、APカンパニー運営店舗へのFONスポット導入を契機とし、Wi-Fiを活用したお客様サービスの共同開発および訪日観光客向け(インバウンド)の集客施策を実施いたします。

さすがに1文が長いかな。「業務提携しました。」で切っていい。カタカナとAPカンパニーが混在しているのも微妙に読みづらい。「集客施策を実施」はこなれてないなぁ。普通の日本語でいい。

FONは、全世界で2,000万スポット以上を展開し、200ヶ国のユーザーが利用する世界最大のグローバルWi-Fiコミュニティーで、日本国内においても業界トップシェアのWi-Fiサービスを提供しています。


本提携では、モバイル端末の普及によって高まるWi-Fiニーズに応えるべく、APカンパニーの主要ブランドである「宮崎県日南市 塚田農場」、「鹿児島県霧島市 塚田農場」、「北海道シントク町 塚田農場」、「四十八漁場」などの約100店舗への導入を開始し、その他の店舗へも順次導入を拡大してゆく予定です。

FONは、全世界で2,000万スポット以上を展開し」って日本語ダメ。「FONは全世界で2,000万箇所以上のWI-FIスポットを展開し」ときちんとした文章で書かないと。その後もNG。200か国で2000万スポット、と書かなければだめ。ここでいうならユーザー数。あと、「などの○店舗への」って、ののだぶり。「など約」でいい。

また、海外において認知度の高いFONスポットをAPカンパニー各店舗へ設置することで、近年増加傾向にある訪日観光客向けにWi-Fi環境を提供するほか、日本滞在中に全国のFONスポットを一定期間ご利用できるFONアクセスパスを来店した訪日観光客へ限定で無料配布します。訪日観光客は、APカンパニー店舗はもとより、様々な観光スポットを含む全国のFONスポットが利用可能になることで、日本滞在中のインターネット環境を充実させることができます。


APカンパニーとFONの両社は、今後も訪日観光客を含めた様々な集客施策を実施していく予定です。

あー、破たんしてしまったか。ここ何言ってるのかわからない。段落の最初で、「また、」はないよ。で、「FONを設置することで」「インバウンドWi-Fiを提供する」ってのが意味不明。当たり前じゃないか。インバウンドに適したサービスということを言いたいなら、そう書かなければだめ。で、「~ほか」、ってなっても文は続いているよ。なのに、FONアクセスを無料配布、って何にも論旨がつながってない。国内で使えるパスを発行してるのがAPに読めるけど、実際はFONだよね? むちゃくちゃ過ぎる。「集客施策を実施」また出た。

 

あら-?タイトルとリードが完璧だから期待したけど、ボディ部分はぐちゃぐちゃだな。どうしたんだろう。複数で作業したのかな?

 

これ、自分で書き直すきちんとしたメディアは取り上げないよ。コピーするところはするかもしれないが。

 

FONの期間限定アクセスのインバウンド向け配布と、AP100店舗へのFON導入って、きちんと書けばすごいネタなのにもったいない。

 

本日のプレスリリース ★☆☆☆

www.atpress.ne.jp