読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 :神楽酒造株式会社:テレビでも取り上げられた  日本初の紫芋でつくった生酒! 『日本芋酒』の試飲即売会が4月21日スタート!

リリース添削 ★3

テレビでも取り上げられた  日本初の紫芋でつくった生酒! 『日本芋酒』の試飲即売会が4月21日スタート! 渋谷の東急百貨店渋谷駅・東横店にて 

ダメダメなタイトルだ。3行、というのはいいとしても、1行目の空白はNG。2行連発で!もNG。「テレビでも取り上げられた」ってそもそも卑屈だし背伸びで萎えるうえ、タイトルに持ってくるのは最悪手。3行目はフォント小さくしてもいいよね。サブタイトルみたいに。

神楽酒造株式会社(本社:宮崎県西臼杵郡高千穂町代表取締役:佐藤 公一)は、同社が製造する焼酎と日本酒の製法を融合させた新しいお酒『日本芋酒』の試飲即売会を渋谷の東急百貨店渋谷駅・東横店にて4月21日(木)から4月27日(水)まで実施いたします。

『日本芋酒』は保存料無添加の100%生酒で冷蔵保存が必要な為、現在はインターネット販売のみを実施しております。今回は試飲と購入が同時にできる特別な機会です。 

謎改行アウト。同社が製造が焼酎だけにかかっているのか、日本酒にもかかっているのかが不明。ライターは調べなおすのが面倒。1行目、長すぎるうえ、かかりうけが連発していて非常に読みにくい。文節に区切れば意味を把握できるが、そう読む場合はすごく稚拙な印象を受ける。為、はひらがなにする。この時点で素人が書いているのが分かるが、プロに軽く素読みしてもらったほうがいいよ。内容はいいよね、行きたくなる。

■『日本芋酒』とは

本格焼酎の紫芋の焼酎醪(もろみ)を蒸留せずに、日本酒のように搾ったお酒です。
鮮やかな色彩は原料の紫芋によるもので、ワインでもない、焼酎でもない、日本酒でもない、全く新しいお酒です。アルコール度数は13%です。 

謎改行アウト。蒸留してないなら、焼酎じゃないわな。ワインを出す理由がわからない。全然違うでしょう。

【成分について】

ポリフェノールは赤ワインと同じくらい含まれており、お酒としては珍しく紫芋由来の食物繊維を含んでいるのが特徴です。またクエン酸はミカン2個分程度含まれています。
ポリフェノールを含んでおりますので、開封後は赤ワイン同様に酸化が進みます。お早目に飲み切ることをおすすめします。 

謎改行。1行目、何に含まれているのか。ポリフェノールからの「おり」が後半に続いてない。分量を明示してないのに、ミカン2個分って笑 で、またポリフェノールの話題に戻ってる。口語みたいに書いているけど、非常に読みにくい。

■神楽酒造とは

神楽酒造は昭和29年、神話のふるさと宮崎県高千穂町にて創業し、以来常に品質の向上を図り、「優れた焼酎をお客様にお届けする事」を社是として、愛される商品づくりを目指しております。品質本位の経営姿勢を貫き、焼酎王国宮崎を代表する焼酎の傑作、そば焼酎「天照」、麦焼酎「ひむかのくろうま」など数々のヒット商品を生み出してきました。妥協を許さない真摯な姿勢を貫き、「安心と信頼」の「美味しい」焼酎造りを目指して参ります。

「傑作」「妥協を許さない」「真摯」など、手前みそが多すぎる。内容を見るに本当にすごいところなんだから、事実を積み上げて、そう読ませるのが筋。背伸びは意味がないし、バカっぽく見える。

 

リードからデータの間に、もう1段落日本芋酒の素晴らしさやこだわりをいれるべき。現状では魅力が全く伝わらず、記事にしにくい。

 

 

長年の研究で生み出された奇跡の酒で、芋できれいでヘルシーで、フルーティーで食事にあう、というのを言わないと。炭酸で割る、肉に合う、など、記事にしやすく、来場してもらえるような内容を書くべき。

 

まぁ、素人が書いている割には、愛情を感じられるので、★3つ。

 

本日のプレスリリース ★☆☆

www.atpress.ne.jp