読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★2 サーモス株式会社:大人にも便利なストローボトルが、容量アップ&軽量化で新登場! 『サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)』

運動時やスポーツ観戦、体調不良時の水分補給まで

大人にも便利なストローボトルが、容量アップ&軽量化で新登場!
『サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)』3月1日(火)新発売

 

3行ね。できれば、2行にまとめたいが、まぁ、これで行くなら行ってもいい。ただ、ブラッシュアップの行程は飛ばしてはだめ。「大人にも」「(火)」などは完全に不要。

サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)』が、容量アップ&軽量化で新登場!

~運動時やスポーツ観戦、体調不良時の水分補給に便利なストローボトルを3月1日より発売~

だよね。

魔法びんのグローバル企業として、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルの実現に貢献するサーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:樋田 章司)では、日常の水分補給から、スポーツやスポーツ観戦、アウトドアレジャー、フェスなどの様々なシーンで便利にご使用いただける、ストロータイプの真空断熱ボトル『サーモス 真空断熱ストローボトル』をリニューアル。容量アップ&軽量化で、大人でも使いやすいカラーラインナップで、2016年3月1日(火)より新発売いたします。

 

おー、自分で自分のことを「グローバル企業」だって。寒すぎる。外注したにせよ、これは修正しなきゃだめだよ。普通の感覚じゃない。

 

自分の会社のネームバリューが低いときは、簡潔な説明を付けるのはあり。でも「人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルの実現に貢献する」、これでは何にも伝わらないし、意味がない。

 

サーモス 真空断熱ストローボトル』の説明が「ストロータイプの真空断熱ボトル」って、小学生から国語やり直した方がいい。3つの単語、全部製品名に入ってるじゃんか。何言ってんだ笑

 

タイトルもそうだったけど、「大人でも」って何? ストローボトルは子供のもの、っていう前提条件でもあるの? 意味不明。

 

新発売ってタイトルにあるのに、よく読むとリニューアルだって。日本語めちゃくちゃ。

<容量アップ!なのに最大約50g軽量化!!

大人にも使いやすいカラーラインナップで新登場!
サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)>
『サーモス 真空断熱ストローボトル』は、ストロータイプのボトルなので、動きながらでも飲みやすいことから人気の製品です。運動時はもちろん、目線を上げることなく飲むことができ、スポーツ観戦にも最適。また、身体を横にした状態でも飲みやすく、体調不良時の水分補給や介護などにも活躍。OLからシニア層まで、幅広い世代に人気があります。しかし、ストローボトルは子ども向けの製品が多く、大人でも使いやすいデザインを求める声がありました。

 

最初の3行何? 小見出し

 

容量アップ!なのに最大約50g軽量化!!

って、稚拙でさえなく、寒いというか、想像を絶するセンス。なんだこれ。趣味で小説でも書いてなければ出てこない文章でしょう。

大人にも使いやすいカラーラインナップで新登場!

出た、「大人」。ちなみに、この文章ではカラーにかかってるが、他は製品にかかってるよね。これだけで、最悪。全然日本語が通ってない。

サーモス 真空断熱ストローボトル』は、ストロータイプのボトルなので、動きながらでも飲みやすいことから人気の製品です。

~は、~なので、~ことから~です。この構文が読みにくいって、小学生でもわかる。

運動時でもスポーツ観戦でもって、ギャグ? 

体調不良時の水分補給や介護など

じゃなくて、

体調不良時や介護時の水分補給など

でしょう。かかり受けを理解できてない。

OLからシニア層まで、幅広い世代に人気があります。

これ、さすがにストロータイプのボトルを指しているつもりだと思う。でも、構文をさかのぼっていくと、この主語は「『サーモス 真空断熱ストローボトル』は、」なんだよね。すると変だよね。これまともな大学の入試で、国語や英語を勉強していれば理解できることなんだけど、一度も勉強していないと文脈というものを理解できないからこうなる。一度でいいから、小学生と中学生の教科書をやり直した方がいい。

今回の新製品は、幅広い世代が選びやすいカラーをそろえました。また、容量をアップする一方で軽量化を実現。従来品の「真空断熱ストローボトル(FFI-401/FFI-500)」では、0.36L、0.5Lだった容量を、ヨガやフィットネスジムにも便利な0.4Lと、ゴルフやランニング、山歩きなどのアウトドアシーンでの水分補給にも使いやすい0.55Lに容量をアップいたしました。さらに、ボトル重量の軽量化を図り、0.4Lは約40g、0.55Lは約50g軽くなり、より持ち運びに便利になりました。

 

直近で、ストローボトルは子供向けのデザイン、と言っているのに、幅広い世代に選んでもらうためにカラーをそろえた、って論旨破綻でしょう。そこは、大人向けのデザインを用意した、でなければ通じない。

 

カラーの話から「また、」で重量の話につながるのも変。そんなにこの接続詞は万能じゃないよ。

 

自分のところの製品名の表記が、

運動時やスポーツ観戦、体調不良時の水分補給まで大人にも便利なストローボトルが、容量アップ&軽量化で新登場!『サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)』3月1日(火)新発売|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

『サーモス 真空断熱ストローボトル』

 

運動時やスポーツ観戦、体調不良時の水分補給まで大人にも便利なストローボトルが、容量アップ&軽量化で新登場!『サーモス 真空断熱ストローボトル(FHL-400/550)』3月1日(火)新発売|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

「真空断熱ストローボトル」

とぶれぶれ。

従来品の「真空断熱ストローボトル(FFI-401/FFI-500)」では、0.36L、0.5Lだった容量を、ヨガやフィットネスジムにも便利な0.4Lと、ゴルフやランニング、山歩きなどのアウトドアシーンでの水分補給にも使いやすい0.55Lに容量をアップいたしました。さらに、ボトル重量の軽量化を図り、0.4Lは約40g、0.55Lは約50g軽くなり、より持ち運びに便利になりました。

 

製品型番のそれぞれの容量を言っているんだけど、最後に容量が製品を表す指示語になってる。百万歩譲っても「0.4Lのモデルは」でしょう。「0.4Lは」って何なんだ。

<OL・ビジネスマンから、アクティブシニアまで。

好みに合わせてお選びいただけるカラーラインナップで新登場!>
今回のリニューアルでは、カラーも一新。OL・ビジネスマンからシニア層まで、幅広い世代の方にお選びいただけるカラーラインナップを展開いたします。

 

そのカラー、言わないと。曖昧かつ内容がない。

<ストローボトルはこんなシーンに便利です>

・和服やドレス、フォーマルなど、汚したくない服装のとき
・ウォーキングやランニングなど、運動時の水分補給
・口紅、グロスなどが落ちるのが気になる
・目線を動かすことなく飲めるので、スポーツ観戦などで大事なシーンを見逃さない
・身体を横にした状態でも飲みやすく、体調不良時の水分補給や介護などにも便利

 

「こんなシーン」って言ってんだから、

・和服やドレス、フォーマルなど、汚したくない服装のとき

のように書かなければだめでしょう。百歩譲って

・ウォーキングやランニングなど、運動時の水分補給

とか。

・口紅、グロスなどが落ちるのが気になる
・目線を動かすことなく飲めるので、スポーツ観戦などで大事なシーンを見逃さない
・身体を横にした状態でも飲みやすく、体調不良時の水分補給や介護などにも便利

これのどこがシーンなんだよw適当すぎる。

 

想像を絶するほど、日本語が書けてない。でも、これは外国人の文章でもない。単なる勉強不足。恥ずかしいレベルなので、勉強し直した方がいい。

 

ただ、製品の情報は入ってるんだよね。開発からきちんとした資料は上がってきているよう。もしくは、開発担当がなれない文章にチャレンジしたか。効果がないわけじゃないと思うので★2つ。

 

本日のプレスリリース ★☆☆☆

www.atpress.ne.jp