プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 株式会社ピュアボックス:食材を活かす“水を使わない”独自製法を採用した 「黒毛和牛ステーキ」「ふんわり砂肝」2015年12月2日発売

犬の自然食をプロデュースする“ドットわん”  食材を活かす“水を使わない”独自製法を採用した 「黒毛和牛ステーキ」「ふんわり砂肝」2015年12月2日発売! 

 空白はメインタイトルとサブタイトルを切っていると読めば、まぁ読める。ただ、「ドットわん」は商品名なはずだが、カッコが変。特に、水を使わないにも使っているのでダブルでダメ。と言うか、水を使わないという普通の処理にカッコを使っているのはトリプルでダメ。むちゃくちゃ。

“不要な加工や添加を施さず、天然を与える”をコンセプトに、犬の自然食を企画・製造・販売する株式会社ピュアボックス(本社:岡山県岡山市、代表取締 役:淺沼 悟)は、2015年12月2日(水)に、ドットわんウェットシリーズ「黒毛和牛ステーキ」「ふんわり砂肝」の2品を発売いたします。

 

ああ、分かった。ド素人が書いてるんだ。「不要な加工や添加を施さず、天然を与える」に””を使うとかわけわからない。そもそも、このキャッチフレージも最低だよ。「不要な加工や添加を施さず、天然を与える」ってなんだよw ポジティブな内容に、「不要」とかいう単語を使うのは下策。「わんちゃんには天然の食材がぴったり!」とか、そんなのでいい。こっちのドットわんにはカッコがなし。

■ドットわんウェットシリーズについて
食材のもつ水分だけで調理する、独自のレトルト製法を採用。
不活性ガス(スナック菓子やカツオ節のパッケージに使用されている無毒・無害の安全なもの)を充填した状態で調理することで、食材の旨み・香り・形などを損なうことなく、幼犬から老犬まで安心して与えられる柔らかさを実現しています。

「のもつ」って何。普通に漢字で書こう。「食材に含まれる水分」のほうが自然じゃないかな。不活性ガス、単語が怪しいから説明したのね。その感覚は正しい。だとすると、そもそも書く必要ないんだよ。構文的に、不活性ガス充填が、柔らかさを実現となるが、これ違うよね。形だけは論旨が通るが、それ以外は別のロジックによるものでしょう。普通に読めるが内容は頭が悪い。

■「ドットわん 黒毛和牛ステーキ」について
◆商品特長◆
黒毛和牛をジューシーな小粒ステーキに仕上げました。部位はユッケにも使われる、脂肪分の少ないモモと濃厚なカタを使用。噛めば肉汁が、ジュワッと口に広がります。「株式会社カミチク」とコラボレーションすることで誕生した、牛肉の甘い香りが食欲をそそる商品です。

問題なし。カミチクが何会社か書いてもよかった

(株式会社カミチクとは)
南九州を中心に約60ヶ所の農場を経営。日本の食肉業界で初めて品質管理の国際規格ISO9001、食品管理の国際規格ISO22000を取得するなど、 国内最高レベルの安全体制を誇っています。牛のすべてを把握するため、飼料作りから繁殖、肥育、加工まで一貫して実施するほか、一頭一頭への声掛けなど、 細かなケアのもと「安心・安全・美味」な牛を育てています。

あ、直後に書いたのね。惜しい、「誇る」とか書いちゃダメだよー。取引先だから、おべっか使ったんか? 構築していますとか持っていますとか体制です、とかにするべき。「声かけ」はおカルトかw リリースに書く内容じゃない。それが自慢なら、もっとちゃんと書くべき。

■「ドットわん ふんわり砂肝」について
◆商品特長◆
コリコリ食感が特長の若鶏の砂肝を、食べやすいようスライスし、フワッと柔らかく調理しました。凝縮された砂肝独特の香りと味わいは、一度味わうとクセになる、後引く美味しさ。「株式会社秋川牧園」とコラボレーションすることで誕生した、食いつき抜群の商品です。

問題なし。

(株式会社秋川牧園とは)
山口県に本拠地を置く、鶏肉や卵などを生産している農業法人。食の安心・安全を追求し、太陽光や風が入る自然環境に近い鶏舎の導入や、鶏がストレスなく十 分に運動できるようにする飼育密度の調整などにより、日本で初めて抗生物質や抗菌剤を一切使用しない無投薬飼育に成功。また飼料にもこだわり、ポストハー ベスト農薬を使用しない、非遺伝子組み換えのとうもろこしや、国内で栽培した飼料米などを使用しています。

体言止め連発はやめよう。でも、まぁ、問題なし。

 

日本語は素人だけど、うん、いいリリースだと思う。ある程度は認知にも役立つと思う。

 

提携企業もフラットに扱う。カッコのレイヤーを揃える。自慢するところは自慢し、不要なところはフラットに書く、といったことに注意すれば、もっとよくなると思う。

 

本日のプレスリリース ★☆

www.atpress.ne.jp