読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 コメダ珈琲店: 12月14日(月)より『小豆小町』販売のお知らせ

ウェブサイトにリリースなし。トップページに商品説明もなし。

コメダ珈琲店『小豆小町』販売のお知らせ  「あまとろ。とけとろ。」なデザートコーヒーを、 12月14日(月)より販売いたします。

空白はメインとサブの区切り、と考えれば、なんとかOK。タイトルに「販売いたします。」は変だ。「販売」「販売開始」「14日より」などもうちょっとちゃんと書く。

 

株式会社コメダ[本社:愛知県 社長:臼井 興胤]は、2015年12月14日(月)より、全国のコメダ珈琲店(2015年10月末現在 652店舗)で、ブレンドコーヒーの中に小倉トーストで使用している小倉あんを入れた「小豆小町(あずきこまち)」を季節限定で販売いたします。

変なカッコ使うね。「か(だけだよ、基本は。文章はOK

名古屋名物である小倉あんの甘みと、コメダオリジナルのブレンドコーヒーとの苦みがうまく調和した、名古屋発祥のコメダ珈琲店らしい、冬季限定の新しいデ ザートコーヒーです。また2種類のフレーバーをお好みでお楽しみいただけるよう、コーヒーフレッシュ付きとホイップ付きをご用意しております。そしてコメ ダ珈琲店らしい遊び心のひとつとして、小豆色の敷紙にカップを乗せてご提供します。敷紙は正方形にしました。ゆったりとしたくつろぎの時間を折り紙などで お楽しみください。

「ブレンドコーヒーとの」って、誤字だよね。「甘みとコーヒーの苦味が」だよね。百歩譲っても、「甘みとコーヒーの苦味とが」だよ。ちゃんと読みなおすこと。文章も長いねぇ。4ブロック。名古屋発祥らしい、って俺には意味がわからない。別の文章にしたほうがいいのではないか。

 

コーヒーフレッシュって、今や毒のように喧伝されているのを使うのは、ちょっとイメージが悪いかもね。

 

また、コメダらしい、って出てる。簡単に説明しないと、独りよがりにもほどがある。けど、説明すれば、ライターは「コメダらしい」って言葉を自信を持って使えるようになる。

 

折り紙ネタは面白い。

日本伝統の甘みである小倉あんの癒しと、コメダ珈琲店のブレンドコーヒーの安らぎ…甘みと苦みが不思議とマッチした「あまとろ。とけとろ。」なデザートコーヒーをお楽しみください。

また、コメダの名前。このリリース、もしかして外注してないか? おべっか使うために連発しているように見える。

 

ブランド価値を周知させるためのリリースなら書き方が違うし、商品を記事に取り上げて欲しいならそれも書き方が違う。ごっちゃにしてどっちもゼロになってる感じ。

 

文章レベルは高め。情報も入っている。それなのに、飲みに行きたい!と思わせていないのがもったいない。

本日のプレスリリース ★☆☆

 

小豆小町の簡単な説明から、コメダのコーヒーのこだわりと、あずきのこだわりポイントを紹介。冬にピッタリのデザイーとコーヒーで、ホイップ付きもお選びいただける。カップに敷いてある小豆色の敷き紙は正方形なので折り紙~。コメダならではの遊び心です。みたいな流れのほうが説得力がありそうだね。

www.atpress.ne.jp