読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 京セラ株式会社:ホンダ・レーシングのワークスラリーチームの端末として、 京セラ製高耐久スマートフォン「TORQUE」を提供

★3 リリース添削

「DAKAR(ダカール) RALLY(ラリー) 2016」 ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC)の端末として、 京セラ製高耐久スマートフォン「TORQUE(トルク)」を提供

一般ユーザーには普通に伝わるかな。でも、プロが見たら気持ち悪くて仕方がない。書いた人があちこちから単語をコピーペーストしてきているのがもろバレ。

 

括弧の使い方がぐちゃぐちゃ。最初は英語の読み方、次がチーム名の追記情報、その次が読み方。で、カッコの半角と全角がごちゃ混ぜ。カッコは全角で統一し、チーム名も「」にすれば、まだ普通になる。

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎)は、2016年1月、アルゼンチン共和国ボリビア多民族国間で行われるDAKAR RALLY 2016に二輪で出場する株式会社ホンダ・レーシングのワークスラリーチーム(Team HRC、以下Team HRC)のテクニカルスポンサーとして、当社の高耐久スマートフォンTORQUE KC-S701を提供します。

ウルトラC。ぎりぎり文句のない文章になってる。別にこんなにこねくり回さず、普通の文章で書けばいいのに。まぁ、チーム名がまだ()になっていたり、製品名が「」に入ってないとか、細かいミスは見られるけど。

DAKAR RALLYは、砂漠、ジャングル、山岳地帯などの道路が整備されていないような環境を走破する「ラリーレイド」と言われる競技大会の1つです。HRCダ カールラリー2016プロジェクトリーダーの本田氏からは、「DAKAR RALLYではバイクだけでなく、使用する全ての機器に過酷な環境下で耐えうる性能が求められます。過酷な環境下でも確実に使える京セラの高耐久スマート フォンが、私たちのレース活動において極めて重要な役割を果たすことを確信しています。」とのコメントをいただいています。

コメントの最後の読点が勉強不足丸出しだが、それ以外はOK

 

「」の会話には外にも中にも読点不要、って小学生で習うよね? 曲がりなりにも公開する文章を書くなら、小学生・中学生の文法は復習してからにして欲しい。

今回、提供するTORQUE KC-S701は、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810G規格※111項目に準拠し、過酷な環境での利用に適した高い耐久性能が評価されていま す。Team HTCがバイクのログ情報をTORQUEで確認したり、メカニックにデータを送信するなど、チームのコミュニケーションツールとして活用され、DAKAR RALLYでのTeam HRCのレース活動をサポートします。

 「※111項目」って、馬鹿じゃないの? ば、か、じゃ、な、い、の? ちょっとは見なおそうよ。ひどすぎる。※1の11項目にすればいいし、最悪でも※1 11項目 とかやりようはあるでしょう。

 

 (Team HRC、以下Team HRC)とかわけわからんことやってるのに、TORQUEの略に関しては何も触れてないとかレイヤーが整理されていなさすぎる。

 

ツールとして活用され」の日本語が変。「HTCが、データを送信するなど、ツールとして活用され」という構文になってる。ノリで文章を書くからこうなる。ちゃんと推敲してから提出すること。というか、ミスは誰にでもあるので、これチェックした上司の目が節穴。

「DAKAR RALLY 2016」は、2016年1月3日にブエノスアイレスアルゼンチン共和国)を出発。16日までにボリビア多民族国を経由後、再びゴールとなるロザリオ(アルゼンチン共和国)を目指し、二輪、四輪、トラックの3部門で競います。

問題なし

■京セラの高耐久スマートフォンについて
京セラは、2013年3月、北米市場向けにMIL-STD-810G規格※1に準拠した高耐久スマートフォンTORQUEを投入しました。
防水、防塵、耐衝撃に加え、振動、高温、低温、塩水噴霧、湿気などに対する高い耐久性能※1が、アウトドアを楽しむユーザーや過酷な環境下で作業を行う方々より高く評価され、北米ではDuraForceなどDuraシリーズとしても展開しております。
日本では2014年にauより初号機となるTORQUE G01が発売され、本年7月にその後継機となるTORQUE G02が発売。世界初※2の耐海水※3性能を備えたスマートフォンとしてさらに利用フィールドを広げています。また、本年、欧州市場にもTORQUE KC-S701が投入され、現在、京セラの高耐久スマートフォンはグローバルな市場で展開しています。

まぁ、なんとか。※1が2回出てくるのは気になるね。

今回提供するTORQUE KC-S701は、手袋を着用した状態であってもディスプレイ操作※4が可能であり、また、騒がしい場所でも相手の声がクリアに聞こえる京セラの独自技術 「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。この様な機能は、約2週間にわたる過酷なラリー環境下において、Team HRCのコミュニケーションツールとしてレース活動に貢献するものと期待しております。

「あっても」っていらないよね。「状態で操作できる」とつなげても問題なし。「また、」とかいらないよね。そのまま繋がる。「この様な」って、稚拙。普通に繋げればいい。いいこと言ってるんだから。

 

まぁ、本当に普通のレベルのリリース。ただし、情報はいっぱい入っているので、ライターは記事にしやすそう。いい製品を扱う広報はラクで羨ましい。伝わりゃいい、掲載機会が増えりゃいいわけで。★3つ

 

本日のプレスリリース  ★☆☆

www.atpress.ne.jp