プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 九州大学他コンソーシアム:ビッグデータを活用した 「インバランスリスクゼロを目指した電力需給オペレーションシステム」 開発

大学・エネルギー会社・銀行・自治体といったコンソーシアムのリリース。だから、当然、このリリースは読まれなくてもいいし、責任を取る人もいないのだろう。いつもはスルーだが、批評・添削のバリエーションということであえてチェックしてみることに。

ビッグデータを活用した 「インバランスリスクゼロを目指した電力需給オペレーションシステム」 開発による地域新電力ビジネス支援のための実証実験を開始

一目見て長いよ!と思ったが、システムの固有名詞が含まれているのでしょうがない。

九州大学×みやまスマートエネルギー株式会社×筑邦銀行× 福岡県みやま市他コンソーシアム

サブタイトル。「の」じゃなくて「他」になってるのもしょうがないか。あとのほうをチェックすると、大手電機メーカや九州スマートコミュニティとか他にもあるからね。

 

でも、面白い。後半のコンソーシアムに参加する企業では、サブタイトルと同じ順番からスタートして並んでいる。どんな基準かわからないけど、すごいきれいな順列付けがされてる。大人の事情すごい笑

九州大学
・みやまSE
筑邦銀行
みやま市
・日本PFI・PPP協会
・グルーヴノーツ
・九州スマートコミュニティ
・大手電機メーカ
・イサハヤ電子
・LEシステム
・パワー・ジャパン・プリュス

福岡県みやま市(市長:西原 親、以下 みやま市)と、国立大学法人九州大学の炭素資源国際教育研究センターと共進化社会システム創成拠点は、11月2日、再生可能エネルギー出力、気象、時間 帯、電力消費、消費者行動の関係分析など、いわゆるビッグデータ解析を協力して行い、将来共同で自治体向けソフトウエア開発を目指すこととしました。

~と、~と、ってあったから、2個目の「とは」読点に、と書こうとして? となった。「共進化社会システム創成拠点」が初出だから。で、調べてみるとこれも九州大学関連。あーそうすると日本語としてNG。「(市長:西原 親、以下 みやま市)」はまったくもって不要。「いわゆる」って不要。ぼやかしてないのに、そう読めるように書くのは悪手。「開発を目指す」のは「将来」なの? 真面目に読むといみがわからないんだけど。

 

添削してみる。

11月2日、炭素資源国際教育研究センターと共進化社会システム創成拠点を擁する国立大学法人九州大学と福岡県みやま市は、再生可能エネルギー出力や気象、時間 帯、電力消費、消費者行動の関係分析といったビッグデータ解析を協力して行うことになりました。将来、共同で自治体向けソフトウエア開発を目指します。

「将来」がどうやってもあやふやだけど、こんな感じなら文章になる。

この解析結果をベースとし、地方自治体が主導する地域エネルギー事業が確実に進むよう、自治体発の地方創生モデル開発を目的に、実施主体者であるみやまス マートエネルギー株式会社(代表取締役社長:磯部 達、以下 みやまSE)、株式会社筑邦銀行(代表取締役頭取:佐藤 清一郎、以下 筑邦銀行)および、関係する各社が、産学金官コンソーシアムを形成し、2015年12月より、みやま市内で効果検証実証事業を始めます。

リリース本文2つ目の冒頭が「この解析結果」ってなし。なんで、空白行を超えて何かを受けているのよ。この段落も日本語がむちゃくちゃだなぁ。さらに1文が長いのに、社長名とかいれまくってわけわからんことになってる。文字数を稼がないで、読み手のことを考えて読みやすい文章を書かないとダメ、といっても通じないか。

 

どうせ、文句言うことが仕事の上司が、「○○様の社長名が入ってないじゃないか!」とか「正式組織名を略すなら、こことここに以下~と書くのが常識だろう!」とかやってるんだろうなぁ。

みやまスマートエネルギー株式会社(以下 みやまSE)、株式会社筑邦銀行(以下 筑邦銀行)および、関係各社が、産学金官コンソーシアムを形成し、2015年12月より、みやま市内で効果検証実証事業を始めます。ビックデータの解析結果をもとに、地方自治体が主導する地域エネルギー事業を発展させる地方創生モデルの開発を目的としています。

だね。きちんと複数の文章で、接続詞を使わなくても文脈で読ませる常識を身に着けないとダメだな。

電力小売りの全面自由化を契機に、地域電力を活用して地域活性化を検討する自治体などにとって、電力オペレーションで発生するインバランスは新規参入時の 大きなリスクになっています。インバランス料金は、経済産業省令に基づき、新電力会社の需給について、30分3%以内(変動範囲内)の不足、3%を超える 不足(変動範囲超過)ともに従量料金制が採用されています。このリスクを事業計画に織り込むことが、新規参入の障害につながっています。従来、需要に合わ せて供給を調整している電力マーケットですが、これに対し、消費者も需給調整に参加し、需給調整機能をローカライズ(エリアで需給需要をコントロール)す ることで、インバランスの発生をゼロにすることを目指したソフト開発を行います。

これ、何もわからない人に何かを説明する文章だよね。なのに、「インバランス」とかいきなり使ってる。外部とのコミュニケーション不足で、意識のかい離が発生していることをまったく理解していない。ちなみに、このような意識をもってこのような事業をやると、金と時間だけ吹き飛んで、民間なら責任を取らなきゃいけないレベルの結果しか出ないが、特に大失敗がなければ、ハイ次の計画で税金じゃばーということになる。うらやましい。一枚かませていただきたい。

 

あー、添削しないとな。これは手間がかかる。不足情報を検索していて気が付いたが、驚くべきことに途中の説明文が、他のウェブサイトから盗作してる。語尾をちょっと変えているが、バレるに決まってる。いや、担当者なら理解してるでしょ? 普通に書こうよ。

2016年に電力小売りが全面自由化されますが、自治体が地域電力を活用して地域活性化を検討する際には、消費電力量と発電力量との差(インバランス)がリスクになります。経済産業省令に基づき、不足した電力には従量料金制が採用されており、このリスクを事業計画に織り込むことが、新規参入の障害につながっています。従来、需要に合わせて供給を調整している電力マーケットですが、これに対し消費者も需給調整に参加することで、インバランスをゼロにすることを目指したソフト開発を行います。

おー、インバランスを消費者参加で抑えるのか。それをビックデータをもとに自動的に? すごい! これはいいプロジェクトだ。しかも、可能だよね。完全にイコールじゃなくても30分でとんとんになればいいんだから。これがラインへの影響を抑えつつ実現すれば、工場の誘致になる。ロボット化が進めば、グローバルな競争力もつくんじゃないの?

技術運用面では、以下の構成でインバランスのゼロ化を目指します(全て特許出願中)。
■発電側のデータ、消費側のデータ、気象データなどビッグデータを、常時、瞬時解析し、発電と消費それぞれの電力ロードカーブ予測を30分毎に立てます。

太陽光発電など地域再エネを有効に活用するために、太陽光の供給をごく短い時間だけ蓄電池に貯めてからはきだすことで、供給電力波形を緩やかにして、消費側の予測値と合わせやすくします。

■電力量が過不足する場合は30分毎に、需要家側で調整します。エリア全体をカバーする自家発電設備やEV充電設備、エコキュートエネファームなどを活用します。またエリア全体でのDRも活用します。

■これらの資産は新電力会社が保有し、電力インバランスゼロで生まれる利益を地域に還元する意味合いのある電気料金から償却して事業収支を保ちます。PFI/PPP手法を用いた一連の金融モデルを検討します。

これ、4つの特許を取得中、ってことでいいんだよね。それならしょうがないが、超読みにくい。箇条書きにする理由もない。普通の日本語で書けるよね。まぁ、4つの特許を見せたいならしょうがないが、ほんとか?出願番号書けばいいのに。

 

内容はいいね。うーん、文章で書くべきだけどなぁ。

福岡県みやま市のエネルギーに対する取り組みは、2015年度グッドデザイン金賞を受賞しました。本取り組みは、みやま市のスマートコミュニティづくりの進化の一つであり、みやま市ではこれまでの一連の取り組みノウハウも広く全国の自治体へ提供していく予定です。「みやまモデル」の展開により、地産地消再生可能エネルギーの安定的な利用拡大に貢献、ひいては日本のCO2排出削減、環境負荷低減につながることを目指しています。

3つの文章、4つのみやま。言い過ぎだから。うひーお役所だなぁ。そんなに文法的に間違っていないのに、とてつもなく読みにくい。

福岡県みやま市は、エネルギーに対する取り組みで2015年度のグッドデザイン金賞を受賞しました。スマートコミュニティづくりの進化のひとつで、取り組みのノウハウは広く全国の自治体へ提供していく予定です。「みやまモデル」の展開により、地産地消再生可能エネルギーの安定的な利用拡大に貢献、ひいては日本のCO2排出削減と環境負荷低減を目指しています。

すっきりだね。

 

ところで

「インバランスリスクゼロを目指した電力需給オペレーションシステム」

って、プロジェクトの固有名詞じゃないの? リリース以外に検索がヒットしないんだけど。タイトルでかっこに入れるな、正式名称ということだよ。リリースの執筆担当が、内容を普通にまとめて日本語にしただけでこれを書いたなら、ペナルティもんだよ。大丈夫か?

 

役所が絡んだコンソーシアムなので、ぐちゃぐちゃなのを想像していたら、思ったよりまともだった。つまらん。★3つ

 

本日のプレスリリース ★☆☆

www.atpress.ne.jp