読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 ノエビアグループ 常盤薬品工業:スペシャルサイト 「なるほど!南天のど飴」公開

ここもウェブサイトにリリースなし。手抜きだなぁ。

南天のど飴の理解が深まるスペシャルサイト 「なるほど!南天のど飴」公開! "歌わない″のど自慢に挑戦!あなたは何ノド?診断を実施します

南天のど飴オリジナル半纏(はんてん)が当たる!プレゼントキャンペーンも同時開催 第一弾:2015年10月30日(金)~2015年12月24日(木) 第ニ弾:2015年12月25日(金) ~2016年2月29日(月) 

おー、169文字! タイトルにすごいなぁ。まぁ、前半がメイン、後半がサブなんだけど。これはやりすぎ。別にライターはタイトルだけ見て原稿を書くわけではない。タイトルでひきつけて、中身を読んでもらうのよ。まぁ、頭を疑われて、目立つのは間違いないので、わざとなのかな。

南天のど飴の理解が深まるスペシャルサイト 「なるほど!南天のど飴」公開! "歌わない″のど自慢に挑戦!あなたは何ノド?診断を実施します

歌わないのど自慢?いいねぇ、面白いフック。でも、その後はダメダメ。「あなたは何ノド?診断を実施します」じゃなくて、診断します、あなたは何?という流れじゃないと。でも、3つの要素をタイトルに入れるのはNG。サイトを公開、のど自慢に挑戦、のどを診断、って入れすぎ。

ノエビアグループ 常盤薬品工業の『南天のど飴』〔第3類医薬品〕は、2015年10月30日(金)より、さらっと読むだけで南天のど飴の理解が深まるスペシャルサイト「なるほど!南天のど飴(www.nanten-hanten.jp)」を公開します。

「さらっと読むだけで」って必要か? でも、それが言いたいのだとすると、問題なし。

「なるほど!南天のど飴」は、知っていそうで知らなかった『南天のど飴』の効能や歴史などの理解が深まる、のどの痛みや咳が出やすくなるこれからの寒い季節に向けてぜひ読んでいただきたいサイトです。
メインコンテンツの一つである「南天のど自慢」は、“歌わないのど自慢”。カンタンな質問にチェックするだけで、「のどタイプ」を診断します。診断後はSNSでシェアしてお友達同士でも楽しんでいただけます。

またサイト公開に伴い、寒い夜なべをぽっかぽかに過ごせる「南天のど飴オリジナル半纏(はんてん)」が当たるプレゼントキャンペーンも開始します。半纏(はんてん)だけに“反転”できるリバーシブル半纏を、計70(なん=7×てん=10)名様にプレゼントいたします。

全体的に、こののど飴をよいしょするテイストになってる。これ、内部の人が作ったのかなぁ。なんか、外部の人がOKをもらうためにやらかしか感じがする。『南天のど飴』の効能や歴史を知っていそうで知らなかった、ってどんだけ上から目線なんだよ。知らないよ。あと、「~理解が深まる、」を修飾部として、サイトにかけた壮大な複文になってる。この構文、国語を勉強したことがない人、本を読まない人が時々やらかすが、非常識です。「ぜひ読んでいただきたいサイト」もピントがずれまくり。

 

こういうのは、下から行くんだよ。○年の歴史を持つとかシェアno1とかの○のど飴の歴史や効能を紹介するサイトです。咳が出やすくなる寒い季節にのどの痛みを抑えるお手伝いができれば、という思いで公開しました。

 

とか。上から目線、国語が全然できない中卒の読者でも敏感に反応するよ。控えたほうがいい。

またサイト公開に伴い、寒い夜なべをぽっかぽかに過ごせる「南天のど飴オリジナル半纏(はんてん)」が当たるプレゼントキャンペーンも開始します。半纏(はんてん)だけに“反転”できるリバーシブル半纏を、計70(なん=7×てん=10)名様にプレゼントいたします。

「サイト公開に伴い」は読者にまったく関係ないよね。伴なおうがどうであろうが。こういうのが製作者側のくだらないアピールなんだよね。読者目線になってない。そりゃ自分はそれに合わせて作業しただろうけど、関係なし。

 

あとびっくり、この人「夜なべ」の意味わかってない。夜なべって夜の仕事のこと。歌にもあったでしょう。なんで「なべ」を入れたんだよ。恥ずかしすぎる。「寒い夜に」だとすこしぶっきらぼうに感じたのかな。

 

はんてんになんてんは面白い。

■「南天のど自慢」について
「南天のど自慢」は、“歌わないのど自慢”。カンタンな質問にチェックするだけで、「のどタイプ」を診断します。診断したらFacebookTwitterなどのSNSでシェアして楽しんでいただけます。
さまざまな「のどタイプ」がある中で、見事『南天のど』と診断されたら、お馴染みの“南天のど飴~♪”のサウンドが流れます(PC版)。※スマートフォン版の演出は異なります。

■南天のど飴について
『南天のど飴』は1968年の発売以来、つらいせき・のどの痛みに効く医薬品ののど飴として、 “効き目”と“風味”にこだわり、幅広い世代の方にご愛用頂いています。

あー、そういうことね。のど飴らしくていいじゃない。だから、「楽しんでいただけます」って上から目線なんだよなー。なんでシェアしていただけます、で止めないの。『』のレイヤーが統一されていない。きちんと見直すこと。2項目目は問題なし。

 

情報は揃っている。何より、企画がいい。これ、リリース書く人は企画に救われたね。メディア露出はあるだろうけど、ダジャレとうたわないのど自慢のおかげだよ。国語を勉強しなおしたほうがいい。

 

日本語のレベルは低いし、上から目線なんだけど、あーのど飴食べたい、歌わないのど自慢やってみたい、と思わせたのは上等。甘いけど、★4つ。

 

本日のプレスリリース ★☆

www.atpress.ne.jp