読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 サンスター文具:『第21回 文房具アイデアコンテスト』

また、リリースをウェブサイトに載せてない。

サンスター文具プレゼンツ『第21回 文房具アイデアコンテスト』 2015年11月1日(日)~2016年1月31日(日)に募集  賞金100万円!テーマは「ととのえる」 

タイトル。 ひどい、ひどすぎる。ここまでひどいのはまれに見る。

 

「プレゼンツ」って、昭和の人が書いたにせよセンスがない。コンテスト名はOK、期間も商品もテーマも入れたいね。でもぶつ切りで、!やかっこを使うのはなしだよ。そもそも、企業名をタイトルに入れるのは変。どんだけ。

賞金100万円の『第21回 文房具アイデアコンテスト』 を開催! 

~募集期間は2015年11月1日(日)~2016年1月31日(日)、テーマは「ととのえる」~

がすっきりするかな。入れすぎなら、期間は外してもいい。

サンスター文具株式会社(本社:東京都台東区代表取締役社長:小林 大地)は、一般公募による『第21回 文房具アイデアコンテスト』のアイデアを、2015年11月1日(日)~2016年1月31日(日)の期間で募集いたします。

日本語変だよね。「一般公募による~アイディアを~期間で募集する」って。主語述語をしっかり理解していれば、変な文章にならない。「一般応募によるアイディアで新製品を開発」とかならいいのよ。「期間で募集」じゃなくて、「募集期間」にするの。

サンスター文具株式会社(本社:東京都台東区代表取締役社長:小林 大地)は、『第21回 文房具アイデアコンテスト』のアイデアを公募します。募集期間は2015年11月1日(日)~2016年1月31日(日)です。

 

でいい。そもそも、一般公募ってなに。公募でいいよね。

■文具業界で最も歴史が長い「文房具アイデアコンテスト」とは
「企画とアイデアに挑戦する」という理念から生まれた「文房具アイデアコンテスト」は、今回で21回目を迎える文具業界で最も歴史あるコンテストです。(※当社調べ)
一般の方々の「こんな文房具あったらいいのに…」を発掘することを目的とし、歴代コンテスト受賞作品からは商品化されたアイデアもあります。中学生以下を 対象としたジュニア部門と一般部門の二部門を設けており、笑顔がこぼれてしまうような子どもならではのアイデアから本格的なアイデアまで、幅広い作品を募 集しております。

見出しで、簡単に説明を入れているのはGOOD

今回で21回目を迎える文具業界で最も歴史あるコンテストです。

じゃなくて

文具業界で最も歴史のあるコンテストで、今回で21回目を迎えます。

のほうがいいのよ。修飾語を変にこねくり回さないこと。

 

一般の方々の、とか。どれだけ一般と自分たちを切り分けてるのよ。なかなかの上から目線。これはナチュラルなんだろうなー。それ、プライベートの友人関係にも出てますよ。「あったらいいのに」はしょうがない。でも、その後がだめ。まず、3点リーダーは必ず2個1セット。1つで使うなんて常識がなさすぎ。これ小学校で習うよ。次に、あったらいいのに、という何なのかがわからない。「ニーズ」かな?二部門の2だけ漢字。ワープロに頼りすぎ。表記は統一する。だったら、21回目とか書いちゃダメだろう。

「こんな文房具あったらいいのに……」といったニーズを発掘することを目的としており、実際に商品化された歴代コンテスト受賞作品も多数あります。中学生以下を対象としたジュニア部門と一般部門の2部門を設けており、笑顔がこぼれてしまうような子どもならではのアイデアから大人が考え抜いた本格的なアイデアまで、幅広い作品を募集します。

こんな感じかな。

<コンセプト>
文房具のたいせつな役割のひとつにわたしたちの「ととのえる」を助けることがあります。
身の回りの物や情報などを整頓して仕事や勉強の環境をととのえるだけでなく、
書き出すことで頭の中の想いや考えをととのえる。
それを人に伝え、意見を交わすことで、人との関係をととのえる。
未来に向かって目標や計画をととのえる。
わたしたちのいろんな「ととのえる」のそばにはいつも文房具がありました。
さあ、あなたなら何をどんな文房具でととのえますか?
素敵な文房具のアイデア、おまちしております。

なんで、こう改行がぐちゃぐちゃなのかな。普通に段落で書けばいいのに。ポエムじゃないのに読みにくい。あ、いやポエムか。うーん、それならリライトは無粋かな。でも、ここにポエム載せる必要ないよね。ライターにコンセプトの内容が伝わればいいんだから。で、ここに列挙されている文では、ライターの原稿には一切使えないよ。ということで意味がない。これは、ウェブサイト向けの内容。意図を組んでリライトするなら

コンセプト

文房具の大切な役割として「ととのえる」ことがあります。身の回りの物や情報を整理するだけでなく、頭の中を組み立てなおしたり、目標や計画をきっちり決めるのにも役立ちます。あなたなら、どんな文房具で何をととのえますか? 素敵な文房具のアイディアをお待ちしています。

ととのえる、の説明には整えるを使いたくないよね。幼稚になるから。というか、コンセプトとしているのに、この内容っておかしいよね。コンセプトじゃなくて、「ととのえるとは」とかのほうがいいんじゃない?

 

情報は揃っている。文章が稚拙だが、これは十分に大学生レベル。★4つに近い3つかな。

 

本日のプレスリリース ★☆☆

www.atpress.ne.jp

サンスター文具株式会社