プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 株式会社秋田書店:『ドカベン ドリームトーナメント編』を大特集

ウェブサイトにリリース掲載なし。というか、「お知らせ」がお知らせとして機能していない。剛の者だ。ということで、配信されたものをチェック

ドカベンVS水原勇気 夢の対決実現! 週刊少年チャンピオン47号10月22日発売  『ドカベン ドリームトーナメント編』を大特集

まぁ、ドカベンと書かれるだけでクリックするわな。で、異なるタイトルのキャラクターを一緒に出すイベントというわけね。「マーダーライセンス牙&ブラックエンジェルズ」とか「闇のイージス」とか燃えるものなぁ。ドラゴンボールだってアラレちゃん出てきてるし。

 

ただ、なぜ、助詞を省く。日本語で文章を書こうよ。こういうタイトル時々あるけど、他の人に読んでもらわないのだろうか。

週刊少年チャンピオン47号の 『ドカベン ドリームトーナメント編』にて夢のカード「ドカベンVS水原勇気」が実現! 

 

とか

10月22日発売の週刊少年チャンピオン47号 『ドカベン ドリームトーナメント編』で夢の対決「ドカベンVS水原勇気」が実現! 

とか?雑誌の情報はサブタイトルに回してもいいね。水原のこと知らない人もいるでしょう。

ドカベン山田太郎と『野球狂の詩水原勇気が対決する『ドカベン ドリームトーナメント編』を大特集!

~10月22日発売の週刊少年チャンピオン47号にて巻頭カラー大増29ページ!

はどうかね。

 最新号では、『ドカベン ドリームトーナメント編』を大特集。巻頭カラーの本編では、『ドカベン』の山田太郎と、『野球狂の詩』の人気キャラクターであり、プロ野球史上初の女性選 手である水原勇気による、夢の対決が実現。さらに、漫画界震撼の新作読み切り『野球狂の詩・特別編』を掲載。その他にも、豪華企画を多数ご用意。編集部が 総力を挙げて、水原勇気の魅力をお届けいたします。

 

本文のリード。「最新号」と言われてもわからん。ここは号数とか発売日とか入れていい。逆に、タイトルでは最新と言って、ここで情報を出したほうが親切だよ。ドカベンより水原の説明に文字数が使われているのが笑うが、いいバランス感覚かも。編集部が総力を挙げて、かぁ。手前みそだが、熱意は伝わるか。


■超豪華5大企画!
(1) 『ドカベン ドリームトーナメント編』巻頭カラー大増29p!
夢の対決がついに実現!山田太郎VS水原勇気。ドリームトーナメント準決勝、広島のマウンドに水原勇気がついに登板。ドカベン山田太郎と真っ向勝負!

(2) 特別ふろく「明訓四天王」×「水原勇気」70's 特製ポストカード!
1970年代当時の原画を使用した、ファン垂涎の激レアポストカード2枚組!

(3) 衝撃の二本立て!!『野球狂の詩・特別編』センターカラー21p!
週刊少年マガジン」の名作『野球狂の詩』の完全新作が10年振りに特別読み切りとして登場。水原勇気アンダースロー誕生秘話が明らかに!

(4) 総力特集カラー記事「選手名鑑特別版・水原勇気」!
知ってる人も知らない人も、週刊少年チャンピオン編集部が総力を挙げて、水原勇気を徹底紹介!

(5) 『ドカベン』×『野球狂の詩』缶バッジ応募者全員サービス!
この号でしか手に入らない、当時のイラストを使用した特製缶バッジを応募者全員にサービス。明訓四天王、水原勇気岩田鉄五郎の6種類!(※応募者負担あり)

なんだよ、この!の多用は。笑える。「衝撃」かどうかは読者が決めるんだよ。自分で言うことじゃない。でも、熱意は伝わる。ちょっとテンションが変で、こちらは冷めてしまうが、内容は書けているし、これで行きたいなら、特に問題はなし。

 

特にレベル高いわけじゃないし、他の記事にもあまり取り上げられないかもしれないけど、読んでしまえば、まぁ10月22日号はチェックしてみるか、と思える内容。特にひどいミスがないので、★4つ。

 

本日のプレスリリース ★☆

www.atpress.ne.jp

www.akitashoten.co.jp