プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 ハードロックカフェ:ハロウィーン限定スペシャル・メニュー

ハロウィーン限定スペシャル・メニュー

リリースのタイトルがこれ。しびれるわぁ。でも、リリース配信サイトでは、

アメリカン・レストラン 「ハードロックカフェ」 でハロウィーンを楽しもう! ハロウィーン限定スペシャル・メニュー

こうなっていたので、伝え方の問題かな? ということで、配信サイトにリンクのあったPDFをチェック。

 

ああ、「アメリカン・レストラン 「ハードロックカフェ」 でハロウィーンを楽しもう!」が煽りで「ハロウィーン限定スペシャル・メニュー」がメインなのね。で、重要な期間がその後に入る、と。

 

うん、意味は通じるけど、「報道関係者各位」に出す内容じゃないよね。文章で書こうよ。「ハロウィーン限定スペシャル・メニュー」ってのは固定のイベント名としているわけじゃなさそうだから、リライトするなら

 

ハードロックカフェ」国内6店舗にてハロウィーン向けのスペシャルメニューを期間限定で提供開始

 

とかかな。期間は後で言えばいい。重要なのは期間限定ということだけ。で、ハロウィーン限定と期間限定で、限定をダブらせる必要もない。かつ、ハードロックカフェ6店舗も展開しているのね。だったら、さりげなくそれを自慢しようよ。

 アメリカン・レストラン「ハードロックカフェ」の国内6店舗では、10月5日(月)から10月31日(土)の期間限定で、竹墨の黒とカボチャのオレンジ でハロウィーンカラーに仕上げたスペシャルメニュー2品「ハロウィーン バーガー」(1,880円・税別)と「ブラック パンプキンタルト」(950円・税別)を販売します。

これがリード。問題なし。

 なお、10月31日(土)のハロウィーン当日は、店内がハロウィーンの装いに変わり、仮装したスタッフがお客様をお出迎えします。記念撮影をお楽しみいただけるフォトブースや仮装コンテストなど、店舗ごとの様々なイベントでハロウィーンを盛り上げます。
ハロウィーンイベントの詳細は店舗により異なる為、各店舗のFacebookにて個別にお知らせいたします。

リリースの段落の最初に「なお、」ってのがちょっとレベル低い。普通に文章を始めないとね。というか、「なお、」は不要でしょう。

 

ローウィン当日となる10月31日には、店内の内装をハロウィーン仕様にしたうえ、仮装したスタッフが~

 

とかでいいのでは?

 

店舗ごとの様々なイベント」というのって、読み手にはストレスでしかない。6店舗なら書けや!と思ってしまう。ただ、直後に、Facebookで知らせる、と書いてあるのでまだましなほうだけど。様々、というなら1~2例は書かないとね。

 

メニュー内容、どちらも美味しそう。でも、2の方には味の紹介があるのに、メインの1には味の紹介がない。もっとグルメ紹介風に書いたほうがいい。

 

リリースサイトのウェブ、公式HPやFacebookのリンクが有効になってない。ITに詳しくないのかな? でも、他の企業は全部ちゃんと登録しているんだから、このくらいはやらないとね。

ハードロックカフェ 概要】

自画自賛ぷりが伝わってくるが、本当にすごいので、問題はないでしょう。世界3番目に六本木に出したんだ。すごい。

 

PDFには報道関係者からの問い合わせ先を書いてあるので、OK。というか、PDFだとURLのリンクが生きているのね。これをコピーしたから、リリースサイトで切れているのかな? でも簡単な操作で再設定できるんだから、やったほうがいいよね。

 

写真もクオリティが高く、日本語もまじめ。株式会社WDIが手掛けているのに、極力「ハードロックカフェ」というブランドを打ち出しているのも、好印象。時々、手掛けているブランドに乗じて、見慣れない企業が名前を打ち出していることがあり、見苦しいことがあるので。

 

なかなかレベルの高い、王道の★4つ

 

本日のプレスリリース ★☆

hardrockjapan.com