プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★4 京都新阪急ホテル:シェフの饗宴 in KYOTO

京都新阪急ホテルのリリース。京都の8ホテルが、フィレンツェと提携してレストランの企画を行うもの。

 

相当レベルが高いリリースだった。と言っているのにいきなり突っ込みから。プレス配信サイトで見つけた翌日に京都新阪急ホテルのサイトにリリースが載ってない。9月25日付の別のトピックスは載っているのに。なんで?

 

ということで、まずはウェブでチェック。

シェフの饗宴 in KYOTO 京都市×フィレンツェ市 姉妹都市の美食を楽しむレストラン企画 京都駅周辺8ホテルで2015年10月1日(木)より開催 

がタイトル。スペースで区切るという使いにくいことしてるのに、読みやすい。ダメだとは思うが、文句をつけにくい。 「シェフの饗宴」みたいなフレーズの力はすごいな。

京都駅周辺8ホテルでは、2015年10月1日(木)より“シェフの饗宴 in KYOTO”※を開催いたします。
本企画は京都駅周辺の活性化を目的とし、1999年よりスタートしたレストラン企画で、今回で65回目となる長寿イベントです。今回の企画テーマは「祝!京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年」です。
各ホテル、京都もしくはイタリアのフィレンツェをイメージした料理を盛り込み、季節の食材と各レストランの特色を活かした特別メニューを提供いたします。

ぶつぶつ、改行するのやめようよ。読みにくい。イベント名に注釈が付いているが、2文目で説明してるんだから、そこに入れるなりすべき。意図が不明。また、イベント名はずっと使っているのね。で、企画テーマがあるのか。「祝!京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年」。祝!ってw シェフの饗宴と比べてずいぶん、センスのないフレーズ。どした? 本来なら企画テーマをタイトルに入れるべきなのに、入れてないのは誰かがごり押しした、もしくは意見の調整での落としどころになったこのフレーズを出したくなかったからかな。もったいない。

 

「各ホテル」の説明がない。「京都駅周辺で人気の高い8ホテル」くらい入れないと、唐突に読める。

 

本文がここだけなんだから、フィレンツェとの話をもう少し入れてもいい。

 

開催概要、きっちり要素が入っているね。入れるべき情報と外部へ飛ばすべき情報を理解してる。

 

して、各ホテルのメニューが続くのだが、

「※詳細料理写真は全てランチメニューイメージです 」

とある。だが、写真はない? 後で理由はわかるが、ここはミス。HTMLの登録のときに、削除するなり、画像を入れるなりどちらかの対処が必要だった。

 

その後8つの情報が並ぶのだが、レイヤーがきちんとしており、文言が統一されている。バカでもできる当たり前のことと思うだろうが、8ホテルからの情報を集約してこれをできる人って、100人に一人だよ。どんなに頭の良さを鼻にかけてる人でも、一発で仕上げるのは絶対無理。6大学出でも、絶対に10個所以上間違える。すごい。

 

【京都・フィレンツェ姉妹都市提携について】

最後に、知識のない人に向けて、簡単な情報を盛り込む。自画自賛が少なく、いい。語尾3連発で「ます」が続くのは小学生の作文みたいだが、まぁ目をつぶれる。

■提携のいきさつ
1959年(昭和34年)、駐日イタリア大使が京都を訪問し、京都市長との会談でフィレンツェとの姉妹都市提携の話が芽生えました。同年、京都市長がフィ レンツェを訪れ、深い感銘を受けて帰国。 1963年(昭和38年)、フィレンツェとの姉妹都市提携について京都市会の了承を得ました。翌年、フィレンツェ市参事会が締結に賛同し、両市で姉妹都市 提携式典が行われました。

文章的にはいいんだけど、ストーリーの作り方がなってない。大使が京都に来て会談で話が出た? 馬鹿じゃないの? 大人の事情で適当に提携しましたって言ってるようなもんだよ。ちがうでしょ。大使が京都に来て感銘を受けて市長と意気投合、早速同年に市長がフィレンツェを訪れて感動し、「その後」!、姉妹都市提携の話が動き始めました、という流れじゃないと。もっと本を読まないと。当日の本当の動きなんか、こまけぇことはいいんだよ。で、

※写真はすべてイメージです

はてな? 写真、最初の8皿ならんだイメージカットだけだが、なんぞ?

このリリースに関するお問合わせ先

いいねぇ。これ、担当者名やFAXが書いてあるって、マスコミ用でしょ? 素晴らしい。常識だよな。これを抜く会社は頭おかしい。プレスリリースってのに。ただ、これだと、メディアに掲載する際、読者問い合わせ先に書いていいのかどうか判断できない。読者向けとマスコミ向けはわけたほうがいい。あと、ここのURLだけは、短縮はだめだろw ちゃんと書かないと。

 

で、最後にPDF。素晴らしい!

 

PDFを開いたら、すべてのメニューに素晴らしい料理の写真とワインの製品カットが付いている。完全、文句なし。写真に関する注釈は、PDF用だったのか。

 

だとすると、一つ。HTMLにも写真入れないと! 一括ダウンロードはできるが、なぜ入れない。

 

と文句をつけてちょっと確認。あれ、このプレスリリース配信サイト、他のリリースもすべて1枚しか写真入ってない。これもしかして、仕様? ありえねー! すいません、この会社のせいではありませんでした。というか、そんな配信サイトありえなくない?

 

最初の本文がさっぱりしすぎているが、プレスリリースとしては文句なしの逸品。セールス力はまぁ普通だとして、このクオリティを一人でやっているなら、社長、ボーナス挙げるところ。部でやっているなら、このくらいはやってほしいところだけど、できていないところがほとんどだからねぇ。

 

本日のプレスリリース ★☆

 

PDFへのリンク

http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3667.pdf