読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレスリリース添削・批評・書き方講座

日々公開されるプレスリリースをただ分析・批評・添削するサイト http://releasecriticism.hatenablog.com/entry/2015/09/01/000000

★3 フルキャスト:女性活躍推進法に関するアンケートの調査結果を発表

★3 リリース添削

フルキャストホールディングスが調査した結果の発表。プレス配信サイトで見て、会社のウェブサイトを開いたのだが、なぜか最新のリリースが載っていない。わけわからん。ここは同時に載せないと。あと、プレス配信サイトがHTMLで書いてあるのに、会社のリリースはPDFのみ。面倒くさい~。まだ、文字列をコピーできるようになってるからいいけど、なんであえて手間をかけさせるのだ? 機会損失になってるのにもったいない。いや、ファイルとして必要になることもあるので、PDFはいいんだけど、HTMLも用意しようよ。どうせ、リリース配信サイトで書いてるんだから。

人材総合サービスの「フルキャストホールディングス」 女性活躍推進法に関するアンケートの調査結果を発表  結婚前、結婚後、出産後などのライフサイクルにおける就業意識の比較 ~結婚後に正社員などの働き方を希望しない女性が31%、出産後で47%~

これが、大見出し。サブタイトルでさえなく、メインでこれ。長いって誰も感じなかったのだろうか? そりゃ文字数制限はないかもしれないけど。

フルキャストホールディングス」 女性活躍推進法に関するアンケートの調査結果を発表

 

~結婚後に正社員などの働き方を希望しない女性が31%、出産後で47%~

会社の簡単な説明は必要だけど、それはリードの冒頭でいい。見出しにはいらない。上がタイトル、下がサブタイトルで十分。

  人材総合サービスの株式会社フルキャストホールディングス(本社:東京都品川区代表取締役社長CEO:坂巻 一樹、以下「フルキャスト」)は、学生や主婦、求職者などを中心とした、主業のかたわらで「日単位」など自分の都合に合わせて就業する自社の登録スタッフ を対象に「女性活躍推進法」などに関するアンケート調査を2015年8月にインターネットで実施、その調査結果を本日発表します。  

説明はいい感じ。余計な自画自賛もなく、すっきり。ただ、最後の日本語はちょっと残念。自社ってフルキャストのことかな? その調査結果を本日発表します、って小学生か。というか、日本語を直すより、そもそもアピールの方法を変えるべき。

弊社のサービスに登録いただいているスタッフを対象に「女性活躍推進法」などに関するアンケート調査を2015年8月にインターネットで実施しました。その結果、女性が正社員を希望する割合が、出産の前後で変化することがわかりました。

とか、調査結果のキモになるところを言えばいい。どうせ、ライターが原稿にするときもそれが必要になる。その後、すぐに画像を入れたのはいいんだけど、画質が悪くて合計の%が読めないよ。しかも、何のグラフかわからん。キャプションじゃなくて、図に入れてわかるようにしないとだめ。

 本アンケートでは現在、独身者で正社員、契約社員の女性には結婚後、出産後に希望する働き方を質問しています。また現在、結婚後、出産後の女性には希望する働き方と現状のギャップを確認しています。

そもそも、アンケート名を付けてないのでぐだぐだになる。本アンケートじゃなく、名称を確定すべき。読者はそんなにまじめに読んでくれてない。と、思ったら、最後にほうに調査名出てたorz 最初から書こうよ。

 

しかも、日本語も変。アンケート結果は出ているのだから、「質問しています」じゃなくて「質問しました」のほうがすっきりする。また、意味が分からないのだが、独身者にも出産後の人にも質問しているのかな? だとすると日本語が間違ってる。

 

「○○アンケートでは、独身者には結婚後・出産後の希望の働き方を、結婚・出産後の女性には希望する働き方と現状のギャップを質問しました」

と並列にしなきゃだめ。リリースの分だと、独身者に聞きました、と言っているのに、ギャップとか意味が通じない。

■調査結果のポイント

<女性活躍推進法に関する認知度>
◆認知度は55%(「知っていた」:23%、「言葉は聞いたことがある」:32%)だが、男性が63%、女性は52%であり、制度の主役である女性のほうが認知度は11%も低い。

◆年代別には女性のうち、M字カーブの谷ともなる20代~30代の認知度が最も低く、まずは制度に対する理解をどのように促すかが重要と考えられる。

◆身近で制度が進んでいると実感したのは20%程度であり、まだ企業の取り組みも本格的には進んでいないことが伺える。

調査結果のポイントは見出しなんだからもっと目立たせないと。

 

■、<、◇、の順にレイヤーということですね。で、最初の◇は調査結果で、とても興味のあるもの。だけど、その後のふたつはそこからの分析で、同じレイヤーじゃない。きちんと分けないから、「考えられる」「うかがえる」とあやふやな文章に、最初の数字までまきこまれてしまう。レイヤーを分けるなり、なんなり見せ方を変えないとだめ。

<制度に対する期待度>
◆賛成、どちらかと言えば賛成は87%。男女ともに「両親も働いていたから自然だと思う」が上位であり、家庭環境が働くことに対する意識に影響を与えている。

◆男女ともに「優秀な人材が活躍」「多様な視点による価値向上、サービス開発」などを期待しており、女性の能力を最大限に発揮できることに期待が高い。

一つ目は、調査結果で、ふむふむ。だが、2つ目の分析結果を出すソースになってない。適当なことを言われると、何も言わないよりたちが悪い。ソースがあるなら、しっかり書く。

<女性の就業形態>
◆現在、独身で正社員、契約社員などのフルタイムで就業している女性のうち、結婚後はフルタイム以外の働き方を望んでいるのは31%、出産後では47%となり、フルタイムへの不安が伺える。

◆結婚後、出産後にフルタイムの就業を希望していた女性のうち、実際には異なる働き方をしている人が結婚後で14%、出産後で6%おり、時短など就業時間の多様化にも対応できる環境を整備する必要性が伺える。

◆現在、フルタイムで働いている女性のうち「役員・管理職」を目指したい女性の比率は独身者で31%、結婚後で45%、出産後で34%程度であり、制度対応の不足、ロールモデルの少なさなどにより、働き続ける上での不安が原因と思われる。

ここには数字と分析が混在するのね。まぁ、3つともそうだから、これはいいのでは。だったら、前の項目の書き方が変。統一すべき。

 

最初の◇は「結婚後にフルタイム以外の働き方を望んでいるのは31%、出産後では47%となった。フルタイムへの不安が伺える」でいい。結婚後に~なら聞いた相手は独身に決まってる。フルタイムという情報が必須なら、「フルタイムで就業している女性のうち」は付け加えていい。ただ、それにしても「フルタイムへの不安」って意味不明。本当にこの数字が不安を表しているのかな。単に、自由な時間が制限されるからというチョイスなだけでは?

 

最後の方に「女性活躍推進法に関するアンケート調査」っていう立派な調査名が出ていた。最初に書こうよ。「10~70代の男女3371人に聞きました」ってのも入れるべき。もったいないお化けが出るよ。なんで、こういった重要情報を注釈みたいに入れるんだ?

 本調査結果でも浮き彫りとなっている「女性活躍推進法」に対する認知度と実感値の低さ、一方で制度に対する期待度は高く、しっかりと実態の伴った制度対応を企業が行っていくことが重要と考えられます。

 フルキャストは女性が働きやすい環境を整えるべく、新たなサービスを検討することに加えて2015年7月から発行している顧客企業向けの情報誌で、制度への理解促進にも努めます。

弱いなぁ。弱い。「実感値」ってなんだよ。そんな日本語ないよ。頭悪く見えるから、普通の言葉を使ったほうがいい。

 今回のアンケートで「女性活躍推進法」の認知度は低いものの、制度に対する期待度は高いことがわかりました。今後、女性の力を活用して社会を元気にしていくためには、企業がきちんと制度に対応していくことが重要です。

 

 私たちフルキャストも、女性が働きやすい環境を整えるべく、新たなサービスを積極的に検討していきます。また2015年7月から発行している顧客企業向けの情報誌で、制度への理解を促進するように努めます。

 

どうせなら、自社アゲで、アピールアピール! でも情報誌で理解促進って弱くない? 入れなくてもいいかも。

 

フルキャストならではのネットワークで、新しい切り口のアンケート結果を公表するのはとてもいいことだと思う。ただ、もうちょっと欲張って、自社のブランドイメージ向上に役立てるようにしたほうがいい。今のだとつまらん。

 

それにしても、10万人以上にアンケートして、非公開型なのに3000人しか答えないって、ちょっと寂しいな。もうちょっと頑張ろうよ。

 

本日のプレスリーリース ★★★

プレスリリース | フルキャストグループについて | フルキャスト グループ | FULLCAST GROUP